女たちの60年安保 1959.1-1960.12 (銃後史ノート戦後篇 <5>)

女たちの現在を問う会・編

1,900円 +税

ISBN: 978-4-7554-0016-2        1990年6月15日発行

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銃後史ノート戦後篇(5)1959.1〜1960.12
安保闘争に参加した女たち・佐藤まや / 主婦たちの安保・山辺恵巳子 / 『ニューヨークタイムズ』にみる安保・三好範子 / 安保闘争の立役者−全学連・山本美和 / 学生の見た安保・黒岩秩子・中筋弘子・山本千恵・山下千恵子・しまようこ / 座談会・女子学生 の安保闘争・加藤克子・木田宏子・寺倉郁子・松本幸子・皆川珂奈江 / 人権を守る婦人協議会について・渡辺道子・奥沢喜久栄 / デモをよそに生きる・川田文子 / 黒いジェット機の意味するもの・桑田喜美子 / 安保改定と沖縄・阿武奈美子 / ミッチーブームを めぐって・加納実紀代 / ミーハーのミッチーブーム・高橋幸子 / 「お妃班」記者として・関千枝子 / 家事は誰の仕事か・小原解子 / 家庭科教師として・半田たつ子 / ヤマの火を守れ・色川奈緒 / 『サークル村』初期と私・河野信子 / 海が死んだ−浮上する水俣病問題・福嶋広美 / 「北」をめざす在日朝鮮人・宇野淑子